いんきんたむしの症状と感染ルートなどの知識

いんきんたむしの症状と感染ルートなど

いんきんたむしの症状
太股やお尻に赤い丘疹や水疱が現れ、かゆみを伴います。 体温が上がるとそのかゆみがひどくなることが多いようです。繁殖力が非常に強いので患部が広がるスピードが早く、他人との接触でいんきんたむしを感染させる可能性が高いと言えます。夏の暑くムレる時期は症状がひどくなり、冬の寒い時期は症状が軽くなる傾向にあります。
どうやって感染するの?
カビの一種です。患部の接触により感染します。正式には白癬(はくせん)とも呼ばれます。
いんきんたむしの人との皮膚接触、ペットや不潔な衣類などからも感染する可能性があります。
予防方法
肌を清潔に保つ事が大切です。高温多湿の環境により菌が増殖しやすくなるからです。
もし、症状が気になったらここで近くの病院を探して相談して下さい。
Yahoo!ヘルスケア-病院検索へリンク
区切り線

性感染症(STD)の病名と症状と感染ルートなど

下に代表的なSTDの名前を挙げました。 病名をクリックすればその性病が ”どんな病気か?””どこから感染するのか?” が分かる様になっています。 まず病気を知る事から始めましょう!! 症状がない病気もありますので、定期的に検査する事をお勧めします。

区切り線