とにかく笑顔 | シングルマザー★風俗バイト奮闘記

シングルマザー★風俗バイト奮闘記 vol.6

エピソー6

今日から3日連続出勤だったんだけど、
昨晩急に息子が熱を出したんだ。
深夜病院に駆け込んだら、ただの風邪だって。
心配だから宇都宮の実家で3日間息子を預かってもらうことにしたよ。
息子が可愛くて仕方ない母親は喜んで引き受けてくれたし、
私の好きな餃子をおみやげに渡してくれたよ!超うれしかったぁ。
で、結局。
朝イチで東京←→宇都宮の往復、ろくに眠る時間もないまま出勤。
待機中仮眠したかったけど・・・すぐにお客さんがついた。
ありがたいことだから、気持ちを切り替えて頑張る。
私がどれだけ疲れていようが、そんなことお客さんには関係ない。
気持ち良かった、次は指名しよう、って思ってもらえるように
サービスするのが私の仕事。
Aさんとホテルで待ち合わせ。
「失礼しまーす」とドアを開いて、にっこり。
Aさんは30代半ばくらいのサラリーマンかな、たぶん。。。
「今日は俺で何人め?」
「Aさんがはじめてですよ」
これはよく聞かれること。
シャワーを浴びてベッドへ。
一通り事を終えて2人でまったりしていたら、
「番号教えてくれない?今度外で会おうよ」って言われた。
「いいですよっ」って答えて、仕事用の連絡先を教えた。
不愉快に思う人もいるだろうけど、
こういう場で交換した連絡先には営業メールしかしない。
外で会おうと誘われても、絶対に会わない。
仕事だから。
今日満足してくれたかなって毎回必ず考える。
相手の表情、言葉、帰り際の態度をよく観察するようにしてる。
疲れや演技を感じさせないよう、とにかく笑顔でいる。
でもね、突然胸が苦しくなるときがあるんだ。
なんだろうね、これは。
お客さん、親、息子、将来・・・そして自分。
いろんなことがごちゃごちゃになる。いろんなことが不安になる。
家帰って、母親にもらった餃子食べたら少しだけ涙が出てきた。
今日はぐっすり眠って、明日もまた頑張ろう! 頑張れ~私。

区切り線
区切り線
第2弾シングルマザー風俗バイト奮闘記
区切り線

今日満足してくれたかなって毎回必ず考える。 相手の表情、言葉、帰り際の態度をよく観察するようにしてる。 疲れや演技を感じさせないよう、とにかく笑顔でいる。