2時間母乳を吸われて干からびそうになった | 風俗バイトエピソード

2時間母乳を吸われて干からびそうになった

笑った風俗バイト★エピソード
2時間母乳を吸われて干からびそうになった akiさん 32才 母乳風俗店勤務 出産を機に母乳の風俗店で働きはじめました。もう2か月になります。
きっかけは子供を預かってくれて、高収入なアルバイトを考えていた時、
ちょっとマニアックだけど母乳店というのを知りました。
専門店だけに、本当にマニアックな人が多いのもありますが、
普通の人妻のお店に比べると価格も高いから、収入も高めなところがよいところ。
先日の話、2時間というロングコースで指名してくれたTさん。
今回で3回目の方なんですが、徐々に時間が延びついに2時間指名いただきました。
この方、本当に母乳が大好きな方で、おっぱいにかぶりついたら離れないのです。
そう、私の女性の部分とか愛撫とかチューとか全然興味なし。
母乳の量が私を指名してくれる理由なんだなーってよくわかります。
今はとってもたくさん溢れるように出ますが、母乳だからねそのうちでなくなるのよ。
そしたらこの方は必ず他の母乳をもとめて旅立つんでしょうね。
そして2時間指名していただいた日、乳首がふやけるほど飲み続けるものだから
おっぱいの中身はほんとうにからっぽな感じになってしまいました。
あの方のご指名でしたので予想はしていましたけど。
その日は、うちの子にはミルクを飲ませました。
それにしても2時間ものあいだ裸のお付き合いをして、オッパイ以外に興味を持たれないのは
女性としてちょっと悲しく感じますね。私も少しは気持ちよくなりたいな、なんて。
母乳の専門店だから仕方なんですけどね。母乳を飲みに来られるのだから。
この説明のままだと、私がまるで働いていないような感じに思えますが、
一応、彼は3度ほど満足されていました。口ではサービスしていませんが、
おっぱいをモグモグされている間、手でサービスをさせていただきました。
だってこれ以外は邪魔になるみたいですので。
これからも母乳が出る期間はこちらでお世話になる予定です。

風俗バイトエピソード一覧

区切り線

何も知らない私のリアルなリアクションが気にいってもらえたらしい。。。 男性が何に興奮するかは複雑でナイーブなものなんだね。。。