" /> /sp" /> /i" /> 愚痴を聞く必要性 | シングルマザー★風俗バイト奮闘記

愚痴を聞く必要性 | シングルマザー★風俗バイト奮闘記

シングルマザー★風俗バイト奮闘記 vol.10

エピソード10

いろいろあるけど、やっぱり私はこの仕事頑張っていくつもりです。
少なくとも、目標金額貯まるまではね。
今日はまず50代、Eさんのご自宅へ出張。
仕事の愚痴が多かったけど、愚痴を聞くのも仕事のひとつだと思ってる。
ちょっとぐらいキツイ言葉使ってもいいから、私に向かって吐き出すことですっきりするならそれでいいと思う。
どんな仕事だって、どんな人だって、認められたいのは当たり前。
でもなかなか成果として出なかったりするから難しいよね。
プレイの時間は短かったし、
その部分できちんと満足してもらえたかはわからないけど。
とにかく、少しでもEさんが元気になってくれたらいいな。
例えその場限りでもね、私が役に立てたなら嬉しい。
帰り際、Eさんが「なんか、いろいろ悪かったな」
って言ったのはなんだったんだろう。
私は謝られるようなこと、されてないよ。
ここで書いても伝わらないだろうけど、愚痴のことなら気にしないでください。
少しでも、「また千春に来てほしい」って思ってくれましたか?
私もやっぱり、必要とされたいんです。。。
私はこの仕事のこと、親友にしか言ってない。
みんながみんな悪いイメージを持つわけじゃないと思うけど、
でもやっぱり言いにくいな。
どれだけ誇りを持っていても、やりがいを感じていても、
そういうことが簡単にできる軽い女なんだねって思われてしまえばそれまでなんだよね。 そんな風に思われたら、否定する気力すら沸かないよ。
これからも私なりに風俗のバイトは頑張っていくつもりです。
誰になんと言われようが、私はこのまま走って行きます。
シングルマザーで風俗やってる人がいたら、一緒に頑張りましょう。
こんな私でも、応援してくれる人がいるといいなぁ。
これからも幸せでいられますように。。。

区切り線
区切り線
第2弾シングルマザー風俗バイト奮闘記
区切り線

仕事の愚痴が多かったけど、愚痴を聞くのも仕事のひとつだと思ってる。 ちょっとぐらいキツイ言葉使ってもいいから、私に向かって吐き出すことですっきりするならそれでいいと思う。